dr-martens-1460-8eye-boots-10072004

世界で最初にエアークッションが搭載されたシューズといえば

みなさん、どのモデルを思い浮かべますか?

意外かもしれませんが、実はDr.Martens(ドクターマーチン)なんですね。

おそらくNIKE社のAIR MAXを思い浮かべた方が多いと思いますが、

ドクターマーチンが1960年(56年前)に世界で初めてエアクッションソールを搭載したのです。

dr-martens-bouncing-soles

このエアクッションソールは「Air Wair」と名付けられ

「Bouncing Soles – 弾む履き心地のソール」と謳い世に登場しました。

そして、同時に1960年4月1日に現在でも定番モデルの8アイレットブーツ

「1460」が誕生したのです。

dr-martens-1460-8eye-boots-10072004

60年代、ドクターマーチンが発売されると履き心地の良さだけで無く、

丈夫な作りから、当時「ブルーワーカー」と言われる工場労働者、郵便局員、

警察や鉄道職員などの労働者から多大なる支持を得ました。

そして1年後の1961年4月1日にポストマンシューズとして有名なスリーホールシューズ

「1461」が登場しました。

dr-martens-1461-59-3eye-shoe-10085001

ドクターマーチンといえばパンク・ロック的なイメージが湧く人も多いと思いますが、

実はこのイメージを付けていたのは60年代後半に登場した

ロンドンのSKINHEADSというギャングでした。(フーリガンの元祖のような存在です。)

彼らの多くはブルーワーカーでもあった事から、

服装はジーンズ・足元はドクターマーチンで固めていました。

また、この当時はテレビが普及し始めたタイミングで、

反社会的で派手な行動が注目を集める彼らの存在は、

ニュース番組などで度々、社会問題として扱われました。

こうした背景があり、SKINHEADSが(良くも悪くも)大衆の目に

ドクターマーチンを印象付けた事で、世に広がっていくきっかけとなりました。

最近では誰もが知っているハイブランドからストリートブランドまで、

話題のコラボレーションのリリースや、変わらぬ定番アイテムとして、

幅広い層から人気を集めています。

パンクやロックの文脈から語られる事が多いドクターマーチンですが、

ファッションの多様化によりジャンルレスレスで沢山の方々に選ばれています。

あなたも今年の秋冬はドクターマーチンのブーツに足を通してはいかがでしょうか?

add-to-cart-button